• ホーム
  • ミカルディスが身体へ及ぼす作用のまとめ

ミカルディスが身体へ及ぼす作用のまとめ

2020年02月09日

ミカルディスは高血圧の症状を改善する薬です。
この薬は、高血圧にかかっている人が最初に飲むべき薬である第一選択薬の一つとなっています。
また、臓器保護や血糖値改善などの効果があり、心臓病や腎臓病にかかっている人でも服用することができます。
ミカルディスが血圧を下げる仕組みには、ホルモン系の一つであるRAA系と呼ばれるものが関係しています。
RAA系というのは、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系を略した言葉になります。
人の身体はつねに血圧を適正な状態に保つような機能を持っていますが、血圧が下がりすぎたときに血圧を上昇させるように働くのがこのRAA系です。
RAA系は、血圧が低下し、腎臓に流れる血液の量が減ることによって活性化されます。
しかし、高血圧の人ではこの仕組みが上手く働かずに、つねに血圧が高い状態になってしまっています。
ミカルディスは、このRAA系によって生産されるアンジオテンシンIIという物質の働きを阻害する作用を持っています。
アンジオテンシンIIは、副腎皮質に働きかけてアルドステロンというホルモンを分泌させます。
アルドステロンには血液の量を増やす働きがあり、その結果として血圧が上昇するのです。
ミカルディスはRAA系によってアンジオテンシンIIが分泌された際、それに拮抗するように作用するため、血圧を抑制する効果があるのです。
また、ミカルディスには心臓や腎臓などの臓器を保護するという効果もあります。
これにもアンジオテンシンIIの働きが関係しています。
アンジオテンシンIIは、心臓や腎臓のなかにある細胞に働きかけて、血管壁を厚くしてしまうという作用を持っています。
そのことにより動脈硬化を招いてしまい、心臓や腎臓などの機能に悪影響を及ぼしてしまうのです。
ミカルディスはアンジオテンシンIIの受容体に働きかけてこれを阻害するため、心臓や腎臓に流れる血管の動脈硬化を防いで臓器保護の役目を果たします。
ミカルディスの持っているもう一つの大きな働きが、血糖値改善の効果です。
高血圧を改善してくれる降圧剤のなかには、血糖値の上昇を防いで糖尿病やメタボリックシンドロームになりにくくする薬がいくつかあります。
ミカルディスは、そのなかでもとくに血糖値改善の効果が高い薬となっています。
高血圧にかかっている人は血糖値が高くなっていることも多く、高血圧と高血糖・脂質異常症などの症状が重なっている状態のことをメタボリックシンドロームと言います。
メタボリックシンドロームの人では、血糖値の代謝を促すホルモンであるインスリンが上手く働かない状態になっている場合があります。
ミカルディスには肥満細胞のなかにあるPPARγというタンパク質を刺激する作用があります。
このPPARγが刺激されると、肥満細胞のなかからアディポネクチンと呼ばれるタンパク質が放出されます。
アディポネクチンには様々な働きがあり、その一つとしてインスリンの感受性を高めるという効果を持っています。
インスリンは血液中の糖分を細胞内に取り込む作用があるため、アディポネクチンがインスリンの感受性を高めることによって血糖値が下降します。
また、アディポネクチン単体でも、血液中に含まれている血糖を筋肉などの組織や臓器に取り込みやすくするという働きがあります。
アディポネクチンは動脈硬化や炎症を抑え、脂肪酸の燃焼を促す働きも持っています。
これらの複合的な働きによって、アディポネクチンは糖尿病やメタボリックシンドロームなどの症状を改善してくれます。
ミカルディスは他の降圧剤とくらべると効果が持続する時間が長く、血液中での半減期はおよそ20時間となっています。
その間は継続して効果が現れるため、体内で糖分が効率的に使われることを助けてくれます。
糖尿病を治療する専門の薬ほどではありませんが、ミカルディスはこのように血糖値が高い状態を改善してくれる効果を持っています。

ミカルディスは通販で購入!

ミカルディスを通販で購入してみませんか?価格も病院処方より安価なので、長期的に使用することがわかっていれば通販で購入するのがお得です!
ジェネリックも売っていますので、さらに安価に買いたい方はそちらを試してみても良いでしょう。

ミカルディスのジェネリックも売っています

関連記事
高血圧は薬で治す!メインテートの成分の効果は

メインテートの成分はビソプロロール フマル酸塩です。β遮断薬やベータブロッカー、交感神経β受容体遮断薬などと呼ばれます。β受容体はアドレナリンの受容体ですが、ビソプロロール フマル酸塩はその働きを阻害するため心臓の保護に役立ちます。アドレナリンは副腎髄質で分泌されるホルモンの一種です。神経節や脳神経...

2020年01月01日
高血圧で何故レントゲンを撮る?血圧を下げる方法は?

日本人の4000万人が高血圧だと言われています。自覚症状があまりなく、健康診断などで初めて高血圧だとわかる人も少なくありません。高血圧の怖いところは、海外で「サイレントキラー」と呼ばれるほど症状が静かに進行し、脳梗塞や脳出血という脳疾患、心不全や心筋梗塞といった心疾患をある日突然引き起こしてしまうこ...

2019年11月28日
絶対効くロキソニンを高血圧患者の頭痛に使うリスク

高血圧になってしまうとその治療方針として降圧剤を使用することになっていきます。降圧剤は血圧を低下させる作用がある薬であり、それによって血圧を正常域に保つことが目指されるのです。降圧治療を行う目的は血圧が異常に高くなってしまって諸症状が出るのを予防するというものと、高血圧に伴う合併症を予防するというも...

2019年10月28日
高血圧と痔の関係・塩分排出効果が高い果物

高血圧に伴う合併症として、動脈硬化があります。血圧が高くなると、血管壁に強い力がかかります。血管壁はその圧力に負けないように硬くなるので、動脈硬化が起こります。高血圧と動脈硬化は深い関わりがあり、一方が起こるともう一方の症状の進行スピードを早めてしまいます。動脈硬化がさらに進むと、その先の血管に血液...

2019年10月02日
動脈硬化のリスクが高い高血圧と更年期に不安定な血圧

高血圧はそれ自体では自覚症状があまり顕著ではないことから放置されてしまいがちになる疾患です。しかし、高血圧は生活習慣病の死の四重奏の一つにも数え上げられる疾患であり、放置しておくと合併症を伴って死に至るリスクがある恐ろしいものであるということは理解が必要なことです。脳卒中や心筋梗塞といった重篤な疾患...

2019年09月06日
オリーブオイルでも防げる高血圧由来の手のしびれ

生活習慣病は多くの成人がかかってしまう可能性が高いものであり、若いうちは自分には関係のないものと思っていても、歳を取るにつれてそのリスクが高まってきます。そして、気づいたら一つ、また一つと複数の生活習慣病にかかってしまうこともよくあります。生活習慣病は生活習慣に根ざした原因から起こるものであり、互い...

2019年08月11日
副作用なく高血圧を改善する方法

高血圧とは、血圧が正常な範囲を超えて高く維持されている状態のことをいいます。自覚症状がないことも多いですが、放っておくと脳卒中や腎不全、虚血性疾患症などの発症原因となってしまいます。生活習慣病のひとつともされており、中年以降なって高血圧の状態になってから対処していくのではなく若いうちから生活習慣を整...

2019年07月24日
高血圧や肝炎に有効な食べ物や生薬としての人参

高血圧は生活習慣病の一つとして知られるようになった疾患であり、脂質異常症や糖尿病と並んで三大疾患と呼ばれる場合もあります。これらに共通するのは初期症状を自覚することがあまりないということであり、血圧や血中コレステロール値、血糖値といったものが多少高くても目立った症状がないのです。しかし、それを放置し...

2019年06月24日
高血圧治療で有名な病院

高血圧治療で有名な病院ですが、大きな大学病院でしっかりとした診療を行ってくれる順天堂大学病院がおすすめです。そもそも高血圧はなぜいけないのか?ということですが、血圧というものは心臓が鼓動をした際に、血が血管の内壁を押す際の血液の圧力のことです。心臓が鼓動をした際に、全身の細胞80兆個に栄養と酸素を送...

2019年06月05日
肥満は高血圧の大きな原因

内臓脂肪が溜まり、さらに他の生活習慣病がある場合にはメタボリックシンドロームです。メタボの人は、すでに高血圧になっているか、もしくはなりやすい傾向にあります。メタボと関わりが深い生活習慣病のほとんどが、動脈硬化を引き起こす疾患です。疾患はひとつとは限らず、いくつかの生活習慣病を併発することで病気の進...

2019年05月22日