高血圧治療で有名な病院

2019年06月05日
患者を診ている医者

高血圧治療で有名な病院ですが、大きな大学病院でしっかりとした診療を行ってくれる順天堂大学病院がおすすめです。
そもそも高血圧はなぜいけないのか?ということですが、血圧というものは心臓が鼓動をした際に、血が血管の内壁を押す際の血液の圧力のことです。
心臓が鼓動をした際に、全身の細胞80兆個に栄養と酸素を送るために、心臓から勢いよく血液が押し出されます。
その際に血液が血管の内壁を押す、強めの圧力を上の血圧といいます。
上の血圧は130から150程度であれば正常範囲内といわれております。
反対に下の血圧は、全身をめぐりめぐった血液が、心臓に再び戻ってくる際の弱い圧力のことです。
下の血圧は60から80程度であれば正常範囲内といわれています。
高血圧になってしまう原因としては、日々の生活習慣の乱れが主な要因と言われています。
毎日の食生活の乱れ、運動不足による筋力の衰え、ストレス、酒・アルコールの取りすぎ、たばこなどの様々な要因から、血液は弱アルカリ性から酸性に傾いていき、血管は動脈硬化という状態になるといわれます。
動脈硬化になると、血管がかたくぼろぼろになっているので、健康で正常な状態の血管に比べて、全身に血液をめぐらすために、大きな力を必要とします。
これが高血圧です。
この高血圧がなぜいけないのかというと、血管が動脈硬化になっているので、血管系の病気につながる恐れがおおいにあるということです。
例えば、血管がもろく切れやすい状態になっているので、脳の中の血管が切れてしまえば、クモ膜下出血や脳出血という命にかかわる病気になりますし、血管が詰まりやすい状態でもあるので、脳梗塞や心筋梗塞などにもつながります。

関連記事
オリーブオイルでも防げる高血圧由来の手のしびれ

生活習慣病は多くの成人がかかってしまう可能性が高いものであり、若いうちは自分には関係のないものと思っていても、歳を取るにつれてそのリスクが高まってきます。そして、気づいたら一つ、また一つと複数の生活習慣病にかかってしまうこともよくあります。生活習慣病は生活習慣に根ざした原因から起こるものであり、互い...

2019年08月11日
副作用なく高血圧を改善する方法

高血圧とは、血圧が正常な範囲を超えて高く維持されている状態のことをいいます。自覚症状がないことも多いですが、放っておくと脳卒中や腎不全、虚血性疾患症などの発症原因となってしまいます。生活習慣病のひとつともされており、中年以降なって高血圧の状態になってから対処していくのではなく若いうちから生活習慣を整...

2019年07月24日
高血圧や肝炎に有効な食べ物や生薬としての人参

高血圧は生活習慣病の一つとして知られるようになった疾患であり、脂質異常症や糖尿病と並んで三大疾患と呼ばれる場合もあります。これらに共通するのは初期症状を自覚することがあまりないということであり、血圧や血中コレステロール値、血糖値といったものが多少高くても目立った症状がないのです。しかし、それを放置し...

2019年06月24日
肥満は高血圧の大きな原因

内臓脂肪が溜まり、さらに他の生活習慣病がある場合にはメタボリックシンドロームです。メタボの人は、すでに高血圧になっているか、もしくはなりやすい傾向にあります。メタボと関わりが深い生活習慣病のほとんどが、動脈硬化を引き起こす疾患です。疾患はひとつとは限らず、いくつかの生活習慣病を併発することで病気の進...

2019年05月22日